紹介する薬を安心安全というサイトほど要注意

今は薬もインターネットで簡単に購入出来るようになっています。ネットで購入する薬の中には日本で販売されていない。海外のものを購入するという目的で利用している人も多いと思いますが、今では、薬の個人輸入というのが当たり前に行われるようになっています。

購入もホームページから簡単に申し込むことが出来るので、実質薬をネット通販するという感覚と変わることはありません。

こうしたインターネットを利用した薬の購入者が増えたことにより、輸入代行を行っているサイトも沢山増え、それらを紹介するサイトも多くあります。

そうしたサイトを見てみると「安心で安全」だったり「正規品」という言葉が書かれていますが、正規品であるという証明は、それが本物であるという証明に繋がるので良いと思います。

しかし、安心や安全というのは、その紹介する側や販売する側が判断する事ではなく、そこを利用した人間が判断することです。つまり、自らが安心や安全を表記するというのは、返って良くないのではないかと思うことがあります。

むしろ、安心や安全という言葉を使わずに、その他の方法で安全性や安心感を感じさせてくれる方が余程信用出来る気がします。

例えば、薬に関する説明が十分書かれていたり、どういったルートでその商品を仕入れているのか。または、そうした価格に設定出来る理由などを含めて、その薬を購入者に届ける為にしっかりした環境作りがされているという方が最終的には安心や安全に繋がるのでは無いでしょうか。

まぁ最終的には、利用者が多くそれに比例して情報量が多いところが信頼出来るのかなと思います。

そういった意味ではオオサカ堂やBESTケンコーなどが、利用者も多くて、レビュー数も多いので該当するような気がしています。

結局は、購入して見て実際に効果があれば、そこを使い続ければ間違いないというところですが、あまり良い情報ばかりを並べているところは、利用する前には本当に大丈夫なのかを確認しておいた方が良いと思います。