AGAのメカニズムと改善に重要な有効成分

AGAの仕組みを今一度確認してみたいと思います。

まず、AGAは男性型脱毛症というもので男性特有のものですが、女性でも同じような脱毛症を引き起こすことがあり、そうした状態をFAGA(女性男性型脱毛症)という若干紛らわしい呼び方があります。

男性の場合は、毛髪サイクルが乱れることによって次第に抜けている割合が多くなり薄毛が進行していきますが、女性の場合は、生え際のラインは変わることなく、全体的なボリュームがなくなってくることで男性のように頭皮がむき出しになるということは少ないようです。

いずれにしても、AGAはそれだけ男性特有のものであり、そのきっかけが男性ホルモンであるという事が理解できます。

男性ホルモンの多くは睾丸で作られていて、それが血液に乗って体の様々な部位に影響することで、男性らしい体づくりに関係しています。つまり、男性ホルモン自体は、男性がその見た目を維持する為にも必要不可欠なものです。

その為、抜け毛を防ぎたいからと女性ホルモンを投与するような真似をすると体つきや考え方が女性っぽくなるのであまりおすすめ出来るものではありません。

男性ホルモンが毛髪に影響すると、抜け毛を引き起こす原因となります。

毛根には5αリダクターゼという酵素の一緒が存在していてこれが男性ホルモンがやってくると結合しDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化させます。

この毛根に存在する5αリダクターゼは2型のものなので、DHTも2型のDHTとなります。

この2型のDHTは、毛乳頭の中に入ることができ、そこに存在する受容体と結合すると髪の成長が止まり抜ける状態へと進行してしまうようです。こうして毛髪サイクルが短くなり、生えている割合よりも抜けている割合が多くなり、次第にAGAが進行していくというメカニズムです。

こうして進行するAGAを防ぐ為には、2型DHTの生産をストップする必要があり、その為には5αリダクターゼが男性ホルモンに結合するのを阻止することができれば可能となるわけです。

そうした働きを可能とする成分がフィナステリドというものです。

今では、フィナステリド製剤としてプロペシアが日本でも認可されていて、需要が高くなっています。

また、価格面で優れているジェネリックのフィンペシアも人気となり、フィナステリド製剤によって抜け毛の改善に取り組んでいる男性も増えているようです。