海外製も積極的に活用

日本に入ってきている医薬品やサプリメントの多くは、アメリカからのものですが、アメリカというと何となく大ざっぱで粗雑品も多いイメージもぬぐい去れません。しかし、オーガニック製品への取り組みが積極的で、その合格基準も厳しく、そうした意味では、高品質のものが多いようです。

以前、テレビでアメリカのとあるレストランのオーナーがオーガニックへのこだわりが有り、契約農家もそうした人たちばかりというのを知ったのですが、野菜に農薬は使わず、形の悪いものは、家畜に与えてそこで自然のサイクルを完結させるようにするなど、とことんこだわっている人が居るのも事実のようです。

野菜も敢えて雑草と一緒に育てる事で結果的に良い野菜が出来る事にも繋がっているそうです。その分、出来不出来があるものの、オーガニックとして、そうした野菜より栄養価も高く、価格面でも高値で取引されているようです。

そうした意味でも、海外製、特にアメリカ製の医薬品やサプリメントを上手に活用する事は、日本人にとっても大切な事なのかもしれないなと感じました。という事で、そうした優れた海外製品に関する情報なども少しずつ紹介していければなと思っています。