今頃デジカメのゆがみが気になる

今持っているデジカメは、オリンパスのTG-4というものですが、これの何が良かったのかと言えば、色々とアクティブに使っても丈夫そうだった事とマクロ撮影が出来るとこです。しかも、LED証明をカメラの周りから照らす事ができるパーツがあるので、マクロでも明るく撮影する事ができます。

でも、普通に何か小物を撮影すると、どうしてもゆがみが出来てしまいます。
どうやってもゆがむなぁと思って確認してみたら、これが、カメラの広角によるものだとわかったのですが、特にTG-4は、超広角が可能なレンズ。

なので、近くのものをはっきり撮影するには適しているけども、実際に、ものが見た目に近い状態で撮影できるかと言ったらそうは問屋が卸さないのでした。

この辺は、カメラ初心者なので、よくわからなかった位なので、今となっては、そんな事も知らずに買ったのがちょっと恥ずかしいですが、まあ、海での撮影などの用途と考えると、そんなにゆがみは関係無いですからね。

魚やサンゴみたいに湾曲しているものだとそれほど気にならないですが、四角い箱のような場合だと、ボワーンと伸びて違和感があります。

なので、広角によるゆがみを出来るだけ押さえて撮影するには、被写体からできるだけ遠ざけないといけないのですが、そうすると、今度は、ものが暗くなったり、くっきり見えなくなってしまいます。

中々バランスが難しいですねぇ。
結局、このゆがみを気にし出すと、身近なコンデジは、大体同じように写ってしまうので扱えないという事になり、そうなると、ミラーレスやデジタル一眼などにするのが妥当という事を知りました。